名刺印刷の業者が進む三つの方向性

印刷業界の中で大きな競争が繰り広げられているものの一つが名刺の印刷です。顧客を獲得するための考え方は大きく三つの方向性に進んできています。それぞれの特徴をよく理解して印刷を発注するときの参考にしましょう。

安くて早いサービスの提供

名刺印刷の方向性として最も激化しているのが安くて早いサービスの提供です。単価をできるだけ下げるために各業者が独自の方法で工夫を行い、互いに優れている点を参考にし合いながら急激なスピードで低価格化が進んできました。基本的には大量発注によって安くなるシステムを取っていますが、それに加えて基本セットとして用紙なども固定してしまうという方法が選ばれています。その用紙などの消耗品を大量入荷して安価に手配できるようにして少しでも安くするように努力をしているのが特徴です。また、顧客とのやり取りをほとんどオンラインで行うようにして仕事の効率化を行いつつ、顧客の便宜を図っているのもこの方向性で進んでいる業者の特徴でしょう。

オプションサービスの充実による差別化

ただ安価で早いサービスを提供する方向性から差別化をするために生まれてきているのがオプションサービスの充実です。基本的には名刺印刷を安く早くするということを目指していますが、オプションを豊富にすることで多様なニーズに応えられるようにしているのが特徴となっています。用紙の種類や印刷後の加工などを選ぶことができることに加え、配送に際しても指定した納期に応じた料金設定を行うといった形になっているのが一般的です。独自性を重視して他の業者では行っていない名刺印刷のオプションを設けていることも多くなっています。オプションへの対応をしなければならない分だけ最低価格を実現するのは難しいものの、多様な名刺を印刷したい顧客を勝ち取っているのが特徴です。

高品質をモットーにする方向性

安くて早い名刺印刷とは逆の方向性を進み、高品質であることを重視している業者も少なくありません。用意している用紙やインクは基本的に品質の高いものだけになっていて、この一枚に勝負をかけたいという望みを持っている顧客から高い支持を得ています。高品質をモットーにするため、こだわりを持っているのは印刷そのものだけではありません。デザインをするところから顧客対応を行うのが通常であり、デザインそのものを全て任せてしまうことすら可能です。自分で作った原稿を手直ししてもらってより魅力のある名刺にしてもらえるといったサービスも充実しています。品質の高さとサービスの充実度でリピーターを獲得することが目指されているのが特徴でしょう。