マーケティングの視点と名刺のデザイン

ビジネスに生かせるような名刺をデザインするためにはマーケティングの考え方を持つことが重要になります。必要に応じて何種類ものデザインを考えておくことも大切になるので基本的な考え方を身につけておくと良いでしょう。

顧客をターゲッティングしてデザイン

名刺は相手に対して渡すのが目的となるツールの一つであり、ビジネスを行う上では必須になっています。そのデザイン一つで相手に与える印象が大きく変わりますが、相手が持っている感性によって印象も変化することは否めません。マーケティングの基礎の一つとして、顧客へのターゲッティングという考え方があります。それを応用する必要があるのが名刺のデザインです。顧客をまずはイメージした上で、どのようなデザインの名刺を受け取ったら好印象を持つかを考える必要があります。ビジネス上で自分が相手にすることになる顧客層をよく考えて、その嗜好を分析し、名刺のデザインに反映させるという考え方を持つと効果の高い名刺を作り上げられるでしょう。

顧客に合わせて複数のデザインを用意

自分がビジネスをするときに相手にしている顧客は一種類に分類することができない場合もあります。そのときに全体の共通項を考えて名刺をデザインするという発想もあるでしょう。それで十分に魅力的なものが作れるのであればコストも労力も削減できます。しかし、より高い魅力のある名刺を用意するためには、顧客を分類して、その分類ごとにデザインを考える方が効果的です。それぞれのグループにおける嗜好を考慮して、個々にデザインを行った名刺を用意するのが賢いでしょう。One?to?allのマーケティングからOne?to?oneの考え方に近づけていくほどより好印象を与えられる名刺を作り上げられる可能性が高くなると期待できます。

コピーライティングを組み込む

ビジネスで効果的な名刺をデザインする上ではコピーライティングのコンセプトも導入することが大切です。名刺を見ることによって商品やサービスの必要性に訴えかけ、それに対するソリューションとして自分が行っているビジネスがあるというストーリーを作り上げましょう。そのストーリー作りも顧客に応じて考えなければならないでしょう。そして。その危機感を解決したいと思ったときに連絡先があるという形に仕上げられればたった一枚の名刺がビジネスを円滑に進めるためのツールになるのです。マーケティングの基本となる考え方を組み込むだけで名刺は高い機能性を持つようになります。そのために必要なのがターゲッティングとコピーライティングなのです。