営業活動を行うフリーランサーの名刺

フリーランサーにとって名刺は必携のビジネスツールです。職業柄、使用する機会が多くなりやすいですがどのように活用していくと良いのでしょうか。仕事を得るための営業活動を基本として広く使うという視点が大切になります。

フリーランサーの生命線は営業活動

フリーランサーは業務の依頼を請け負って達成することにより報酬をもらうという仕事の仕方をしています。生計を立てるためには仕事をもらえなければならないため、依頼主を探すための営業活動は必須です。積極的に顧客の候補を探し出して自分を売りに出していく必要があります。営業活動を行う上では初対面の人に対して渡す名刺が必携のビジネスツールになるでしょう。効果的に自分の性格や職能、魅力などをアピールできるデザインの名刺を携えていき、すぐにでも仕事の依頼を獲得するという意気込みが大切です。仕事の獲得はフリーランサーにとって生命線であり、顧客として候補になる人からは目をかけてもらえなければなりません。そのきっかけになるのが名刺なのです。

人脈の拡大を目指す活用方法

フリーランサーをしている人にとって人脈を広げることもまた重要です。顧客ではなくともつながりを作っていくことで、自分の事業の拡大を図ったり、新しく顧客候補となる人脈を獲得したりする機会を広げることができます。そのため、仕事以外の部分でも自分の宣伝を行っていくことが大切です。セミナーなどに参加したり、シェアオフィスを利用したりして同じフリーランサー同士の人脈を作っていくのは良い方法でしょう。その際に渡す名刺には顧客に対するものとは異なる記載が必要になります。自分を売り込む角度が違うからであり、仕事をする上での協力者を求めるという意味で自分のアピールポイントを記載すると将来的に役立つ人脈を作れる可能性が高まるでしょう。

顧客が一般客なら考えると良い活用方法

フリーランサーが顧客にするのは企業のことが多いものの、一般の人を相手にすることもしばしばあります。もし不特定多数の人が潜在的には顧客になるというのなら、名刺は宣伝広告のために使用することも可能です。ポスティングを行ったり、地域に住んでいる人たちに向けてDMを発送したときに名刺を同梱したりすると良いでしょう。もしポスティングのチラシやDMに同封した資料にはあまり興味を持ってもらえなかったとしても、もしかしたら必要になるかもしれないと思えば名刺だけは保管してもらうことができます。各家庭を訪問して回るよりも効率的に広範囲に宣伝を行うことができるので、名刺は宣伝広告に使えるということは念頭に置いておきましょう。